性病に対する女性知識

女性の生活や仕事に関する中で性病対策や予防に必要な事柄を身に着けていきましょう - 性病はとくに女性は要注意!

性病はとくに女性は要注意!

カンジダ菌は女性なら誰でも持っている

女性というのは、元々カンジダ菌を膣内に保有をしているものです。
ですから、女性であれば誰でもカンジダ菌のキャリアになっているということです。

妊娠をしたことによってカンジダ症になる人もいるのですが、定期検診で膣内の状態などを確認するため、そこまで脅威になる感染症ではありません。
性行為をしたことによって、カンジダ症になる人もいるのですが、この他にも免疫力や体力が下がってしまっている時に発症をしてしまう場合もあります。
症状としては、膣周辺にかゆみを感じるようになるなどといったものがあります。

カンジダ症は、自覚症状があるため、検査を受ける人が多いのですが、かゆみ以外にも、おりものに変化があるのであれば、検査キットなどを利用して、
カンジダ症になっていないか確認をしておいたほうが良いでしょう。

もしもカンジダ症になっているのであれば、病院で治療をしてもらいましょう。
カンジダ症は重い病気ではないですから、治療は比較的簡単なのですが、治療をしても再発をしてしまう場合もあります。
また、清潔を保とうとして、性器を必要以上に洗ってしまって、症状を悪化させてしまう人もいます。
ですから、通常程度の洗い方で問題ありません。

カンジダ症は男性への感染率は結構低くなっており、男性が感染をしてしまう確率は低めとなっています。

女性には特に気を付けて欲しいトリコモナス症状

トリコモナスの症状トリコモナスという病気は、パートナーを媒介として性行為によって感染するものがほとんどです。

しかし、トリコモナスの病原体は水中や湿度の高いところでの感染力が非常に強力な為、家庭での便座やタオル・下着、風呂場等を経路に感染する場合もあります。

尿生殖路の感染症であるので、男女ともに尿道や下腹部を中心とする病気ですが、その症状は男女で大きな違いがあります。

男性は尿道・前立腺における軽い分泌異常や炎症が起こる程度で自覚症状が無い場合がほとんどです。

しかし、女性の場合はオリモノの臭いや色の変化、デリケートゾーンの強烈なかゆみからはじまり、最悪の場合はHIV感染や早産のリスク増加にまで至ってしまうのです。

これは、トリコモナスの菌によって膣内の浄化機能が失われてしまい、細菌の温床となってしまうので、様々な炎症・感染や症状を併発してしまうからなのです。

特に妊娠中の感染は危険が多く、膣内の細菌が子宮に侵入し赤ちゃんを取り囲む胎盤や羊水、へその緒に感染・炎症を起こし、結果的に早産につながる原因となってしまうのです。

トリコモナスに限らず性感染症全てに言えることですが、経路を突き止めるためにもパートナーと一緒に検査や治療を受けることは非常に大切です。

コンドームを使うなどして感染予防を行うなど、今からでもすぐに出来ることはあります。

まずは大切なパートナーと、性感染症に対する共通認識を持つことから始めましょう。

email this
Share on GREE
LINEで送る
Pocket

新着情報

◆2014/04/22
性病はとくに女性は要注意!の情報を更新しました。
◆2014/04/22
運営者情報の情報を更新しました。
◆2014/04/22
サイトマップの情報を更新しました。