女性の生活や仕事に関する中で性病対策や予防に必要な事柄を身に着けていきましょう - 淋病はどんな症状があるの?

淋病はどんな症状があるの?

一度でも性病を患ってしまったことがあるのであれば、性病にかなり苦しめられたのではないでしょうか?

反対に性病を患ったことがに人の中には、性病なんてすぐに治療できるだろうとか、命に危険はないだろうと油断をしてしまっている人が多いです。

また、性病に感染をしたことがないと自分で思っているだけで、実は自覚症状がないだけで、現在進行形で性病に感染をしてしまっている人もいるのです。

例えば、性病として淋病というのはとても有名な症状となっています。

男性の場合、感染をしてから数秒で発症をしてしまう場合もあるくらい、潜伏期間が短い病気となっています。

最初は尿道あたりに違和感を感じるようになるのですが、数時間ほど経つと尿を出すときに尿道が痛くなってきます。

そして、淋病の症状がひどくなってくると、頻尿になってしまったり、尿道から膿が出てしまったり、性器が腫れてしまうなどといった症状も現れるようになってきます。

女性だと、男性のようにすぐに発症をするということは少なく、大体の場合、数週間~数か月後に発症をするということが多いです。

女性の場合、あまり自覚症状として現れることはないのですが、発熱をしたり、排尿をするときに痛い、頻尿などといった症状が出る場合もあります。

淋病の場合も、症状が進行するとよくありませんから、これらの症状を感じるのであれば、早めに診察を受けて、淋病と診断されたら、すぐに治療をしましょう。