女性の生活や仕事に関する中で性病対策や予防に必要な事柄を身に着けていきましょう - 放っておくと厄介なことになる「膣カンジダ」の基礎知識

放っておくと厄介なことになる「膣カンジダ」の基礎知識

女性の病気で、有名なものの1つが「膣カンジダ」。およそ5人に1人が感染していると言われています。とてもかかりやすく再発も多い病気なので、適切な対処が求められます。ほかの性感染症のリスクが高まる危険もあり、一度かかってしまった後はしっかりとした予防も大切です。

原因と症状

体調不良やストレスなどで免疫力が落ちている時に感染するのが特徴。けっして性行為だけで移る病気ではありません。症状は膣内や周辺のかゆみ、おりものの異常など。少しでも変だと感じたら、早めに婦人科を受診しましょう。

パートナーはどうすべきか

実は膣カンジダの原因になる菌は、パートナーの男性が持っていることもあります。ただ症状は女性にしか出ませんので、ついつい見落としがちに。理由がわからないまま何度も再発する際は、男性の方でも一度、泌尿器科で検査を受けておきましょう。

予防策

免疫力の低下によっておこるので、普段から食生活を規則正しくしましょう。十分な睡眠をとることも効果的な予防の一つです。また、体を清潔に保っておくのも重要です。お風呂のシャワーやトイレのビデを活用して、1日に1回はきちんと洗いましょう。

とてもかかりやすい病気なのか、インターネット上で簡単なチェックシートにこたえるだけで、性病にかかっているかどうかを知ることもできます。原因と症状について詳しく知り、早めの予防と対応を!